おしゃれな酒器セット18選!ガラスの酒器セット選び方!

プレゼントにもなるガラスの酒器セット

お酒好きな方に、酒器セットのプレゼントはいかがでしょうか。お酒を注ぐ入れ物と飲むコップがセットになっているので、一つで完成しプレゼントにはぴったりです。

日本酒は酒器によって味が変化すると言われています。酒注の種類や酒器の形などから日本酒がより美味しくなるポイントもまとめました。

ガラスの酒器セットは、基本的には冷酒を楽しむものでしたが、中には耐熱ガラスになっており、燗酒が楽しめるものもたくさんあります。また、素材の特性として香りが立ち、お酒の酸味や甘みをより楽しめるとも言われています。

日本酒にぴったりのガラスの酒器セットをご紹介します。

酒器セット(酒注)の選び方:種類とポイント

徳利(とっくり)

写真の左側が徳利です。雪だるまのように口部分がキュっと細くなっているものですね。一合・二合とお酒の量がわかる利点があります。お酒を入れて入れ物ごと冷やしたり温めたり。燗酒にも冷酒にも使える便利さがあります。

片口(かたくち)

写真の右側が片口です。元々はお酒を複数人で分けるために使われていました。口部分に氷を入れて冷酒として飲むこともできます。片口タイプにお酒を注ぎ、電子レンジでチンしてお手軽燗酒でという方も増えているそうです。片口の中にお猪口を入れて収納しておけるものもあり、場所をとらないのも人気の秘訣です。

ちろり

お酒を燗つけする際に使う入れ物をちろりと呼びます。写真のような金属製のものが一般的ですが、ここではガラスでできたやかん型のチロリもご紹介します。

 

温度で変わる日本酒の味

同じ日本酒でも冷酒と燗酒では味は大きく異なります。一般的に、純米酒は温めると香りが広がるものが多いですが、吟醸酵母は温めすぎると香りがキツくなってしまうこともあるんだとか。

美味しく飲めると言われている温度にも違いがあります。

例えば、吟醸香、果実の匂いがするお酒、活性にごり酒は冷たいものがオススメ。甘みが締まり酸味を感じ、喉越しが滑らかになります。酵母の入ったスパークリング系も、冷やしておくと開栓時の噴き出しを予防することができます。

酸味のあるお酒は常温(20℃前後)で。冷やすべきか温めるべきかはこの段階で判断してみましょう。常温で飲んだ時にもう少し甘かったらと思うお酒は、少し温めてみる(30℃~40℃程度)と、甘みが最大限に引き出されます。

熱燗(45℃~55℃)やそれ以上に熱いものは穀物の香りが生きる為、穀物由来のお酒が合います。熟成酒なども複雑な味がまとまり、キレが増すと言われています。

とはいえ、お酒の好みには正解はありません。自分にとってどの飲み方が一番なのかを試行錯誤してみるのが楽しいですね。温めてみると思わぬ発見があるかもしれません。

ガラス酒器の燗の付け方・冷やし方

燗の付け方

ガラス製で燗がつけられる酒器はそれほど多くありません。耐熱ガラスと明記されており、「電子レンジ」か「湯煎」が一般的で簡単な方法です。

電子レンジは『片口』の酒器だと、熱が比較的、均一に行き届きます。

湯煎だと『徳利』か『ちろり』タイプ。水を張った鍋を火にかけ、沸騰始めの65℃~70℃あたりが適温です。日本酒は熱燗でも50℃程度。熱しすぎないのがポイントです。

酒器参考例:【電子レンジ】津軽びいどろ 耐熱【湯煎】廣田硝子 角ちろり

冷やし方

日本酒の瓶ごと冷やします。一般的には冷蔵庫に入れておくだけでも十分ですが、すぐに冷やしたいときは氷水を張ったボウルに塩を入れておくと、冷蔵庫よりも早く冷やすことができます。

ガラスの酒器は急激な冷えに弱く、割れてしまうことがありますので、事前に酒器も冷やしておくと良いでしょう。

酒器セット(酒器)の選び方:5つのポイント

1. 酒器の高さ

高さの高い酒器は味の広がりを抑え、低い酒器は旨み・苦味が広がります。

酒器参考例:【高】松徳硝子 うすはり【低】glasscalico ミモザ earth

2. 酒器の厚み

厚い酒器は甘みが引き立ち余韻が残り、薄い酒器はキレが出て軽くなります。

酒器参考例:【厚】津軽びいどろ【薄】石塚硝子 蛇の目

3. 酒器の大きさ

大きいと味が軽くなり、小さいと味が凝縮されます。

酒器参考例:【大】ぐい呑【小】お猪口

4. 酒器の素材

磁器・陶器・金属・ガラス・木などがあります。磁器は滑らかで洗練された味わい、陶器は鈍く温かみと野性味のある味わい、金属である錫はまろやかな味わい、ガラスは酸味や甘みの香りが香る、木は木自体の香りがお酒とともに楽しめると言われています。

この記事ではガラスの酒器セットをまとめてご紹介します。

5. 酒器の口径

主に「ストレート」「つぼみ」「ボウル」「ラッパ」の4種があり、口が広いほど香りが鼻を抜けて酸味の輪郭がはっきりします。狭いと旨みを感じやすいなど。

酒器参考例:【広】廣田硝子 角ちろり 【狭】ZENS 

 

参考:株式会社技術評論社『うまい日本酒を知る、選ぶ、もっと楽しむ』
   株式会社枻出版『FOOD DICTIONARY 日本酒』

 

おしゃれなガラス酒器セット18選!

主に冷酒に使うことが多いガラス製。燗付するときは耐熱ガラスであることを確認し、取り扱いに注意が必要です。ワイングラスなどが良い例ですが、酸味や甘みなどの香りを楽しむことができ、テイスティングにも適しています。

津軽びいどろ

青森県の北洋硝子さんが製造する津軽びいどろシリーズは、青森の伝統工芸品の指定を受ける歴史あるガラス細工です。元々は漁業で使う浮き玉の製造から始まり、宙吹きという技術を使って青森県の美しい情景をガラスに写しています。

 

耐熱酒器セット

電子レンジで熱燗が作れるというガラス酒器では画期的な一点。片口なので均一に温まりムラが出来にくいです。お手軽に楽しみたい方には一番オススメ。★盃Φ64×H47mm★片口Φ115×H90mm 270ml★食洗機・電子レンジ可★重ねて収納可★冷酒・燗酒可

 

ねぶた酒器セット

ねぶた祭りの華やかな花火をイメージしたNEBUTAシリーズは、カラフルな模様が可愛らしい。テーブルに移る色も綺麗です。そうめんのつゆを入れたりアレンジもOK!★盃Φ74×H47mm 85ml★片口Φ95×H95mm 250ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

 

江戸切子

江戸切子は明治時代に現在の品川区で、ガラスカットの指導者として来日した英国人によって始まったと言われています。平成14年には国の伝統工芸品として定められ、今も美しさを追求し続けています。ダイヤモンドホイールを用いてガラスをカットし、菊や六角など様々な模様が施されています。

江戸切子

菱形を重ねていることから菱重ねという名称で呼ばれている模様。写真は紫ですが、鮮やかな青やシックな赤などカラーバリエーションも豊富なので、組み合わせても良いですね。★盃Φ67×H49mm 70ml★徳利Φ35×H111mm 260ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

カガミクリスタル

カガミクリスタルのクリスタルガラスに江戸切子伝統文様の二本溝と四角籠目の模様を施しています。江戸切子の中でも特に美しいシリーズです。★盃Φ58×H50mm 60ml★徳利Φ90×H125mm 230ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

松徳硝子

1922 年、東京にてバルブ製造所として電球用ガラスを製造していた会社。その後、ガラス食器の製造も始めました。思わず目を引くガラスの薄さは、まさかの0.9mm。通常のガラスの半分以下ということで、その製法は江戸硝子として東京都の伝統工芸品に定められています。

うすはり

うすはりの『はり』は玻璃と書き、ガラスを意味する言葉だそうです。デカンタタイプの酒器はお酒をまろやかにするとも言われています。★盃Φ46×H80mm 85ml★徳利Φ40×H190mm 280ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

廣田硝子

1899年、廣田金太氏によって創業し、始めはランプセードを製造していました。その後、食器などのガラス製品を造り始めました。薄く繊細でありながら模様もおしゃれなものが多く、伝統と流行が最高の形でガラス細工に表れています。

角ちろり

ガラスのチロリを探している方は廣田ガラスを要チェックです。持ち手と蓋が漆になっているものなど、種類が豊富。氷入れに氷を入れて冷酒にもでき、鍋に布巾を敷いてちろりごと湯煎も可能です。★盃Φ98×H50mm 50ml★ちろりW90×D90×H160mm 450ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒・燗酒可

 

はなほのか

さくらをイメージさせるピンク色が可愛い酒器セット。日本酒好きの女性にいかがでしょうか。うっすら曇ったようなしろも綺麗です。さくらの花びらの模様が浮かび上がっています。★盃Φ60×H35mm 40ml★徳利 Φ76×H105mm 180ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

スガハラガラス sghr

菅原工芸硝子株式会社が展開するハンドメイドガラスウェアを扱うライン。1932年からガラス製品を製造し続けている老舗工房です。ロゴのsghrからもわかるように、スタイリッシュで個性的な製品を生み出し続けています。

DUO アンバー 徳利

他にはないおしゃれな徳利を探している方はこれがおすすめ。色の選択肢は他に3種類ありますが、アンバーが一番綺麗です。プレゼントにもぴったりですね。★徳利 Φ67×H160mm 280ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

DUO アンバー お猪口

重なり合う色合いが美しいDuoシリーズのお猪口。サイズ展開が豊富で、お猪口サイズも含めると5種類の大きさから選ぶことができます。★盃Φ75×H43mm★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

 

ZENS

2009年に中国で創設されたZENSは茶器や食器を扱うブランドです。世界6カ国にオフィスやお店を持ち、様々な国のデザイナーとコラボレーションしています。日本人ではnendoの創設者でデザイナーの佐藤オオキさんが携わっています。

中心の竹のような徳利を取り出し、ボウル部分に氷かお湯を入れることで冷酒と燗酒の両方が一つの酒器で楽しめます。徳利の口が斜めになっているので注ぎやすくお手軽に日本酒が楽しめます。★盃Φ43×H60mm 40ml★徳利 W103×H210mm 250ml★冷酒・燗酒可

 

 

石塚硝子

1819年、岐阜県にて創設された硝子、紙、プラスチックを扱う事業です。津軽びいどろを製造している北陽硝子株式会社や、”ナルミ”の鳴海製陶株式会社をグループ会社に持つ大企業ですね。ADERIAは石塚ガラスのガラス食器部門です。

ADERIA 蛇の目模様

お猪口の底に描かれた蛇の目は、日本酒の色や濁りを見るためのものなんだとか。陶器で蛇の目が描いてあるものはよく見かけますが、ガラスで蛇の目はほとんどありません。★盃Φ66×H54mm 100ml★徳利 Φ50×H129mm 290ml★冷酒可

 

ADERIA 瓢徳利

徳利に付けられた内ポケットに氷を入れ、冷酒が楽しめるようになっています。氷と酒が分かれているので、時間が経ってもお酒が薄まっていくことがなく、ちびちびと自分のペースで楽しむことができます。★盃Φ66×H60mm 150ml★徳利 Φ43×H165mm 370ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

 

glasscalico

神奈川県にて岩沢達さんが持つガラス工房です。ゆるゆるとした形のガラス細工が魅力的です。

ミナモ

ゆらゆらと揺れるお水がそのまま器になったような味が楽しめミナモシリーズ。不格好ながらも美しい輝きを持つミナモは、自分のお気に入りとして一つ揃えておきたい酒器セットです。★盃Φ60×H80mm★片口 Φ85×H120mm★冷酒可

ミナモ earth

ミナモシリーズのカラフルバージョン、アース。机に写った色や光も楽しめる一点です。まるで海の中を泳いでいるかのような楽しい雰囲気を感じられる酒器セットです。★盃Φ60×H80mm★片口 Φ85×H120mm★冷酒可

 

東洋佐々木ガラス

1878年から続く国内の大手ガラスメーカーです。ランプの生産を主に行っていましたが、時代の流れに沿ってガラス食器に主体を変更。ISOや特許も取得し、さらに薄いガラスを使いながら傷がつきにくくスタッキングも可能なフィーノシリーズはグッドデザイン賞の金賞も受賞しています。

冷酒器セット

大手食器メーカーが製造している安心感と安定感を体現している酒器セット。ギフトとしての人気も高いです。氷ポケット付きでワインを飲む方にもおすすめ。★盃 Φ65×H52mm 55ml★徳利 Φ45×H165mm300ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

冷酒器の器

スタイリッシュなデザインのチロリ。中心に氷を入れが付いています。日本酒の上品な雰囲気を楽しみたいもこれなら大満足。このちろりは耐熱ガラスを使用しておりませんので、冷酒を楽しむ方におすすめです。★盃 Φ57×H61mm 95ml★ちろり 360ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

 

九谷和ガラス

石川県の伝統工芸「九谷焼」と東京の伝統工芸「江戸硝子」が融合し生まれたのが九谷和ガラスです。九谷焼の特徴と言われる九谷五彩と古くから大衆に愛されてきた丈夫さを持つ硝子が見事な職人技で一つの食器に込められています。

鉄仙アメ釉

鉄仙とはクレマチスのお花のこと。黄色と青の華やかな模様は、九谷焼の中でも「吉田屋風」と呼ばれ、伝統的な「古九谷風」を色濃く受け継いだ画風と言われています。★盃 Φ55×H70mm 60ml★ちろり W175×D130×H150 360ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

白粒鉄仙

クレチマスの花と唐草模様が金で描かれ、その周りを白の粒(ちぶ)が彩ります。粒は対象から続く伝統的な技法で、均一性の取れた粒の盛り上がった触感が楽しい手法です。他に青粒や黒粒もあります。★盃 Φ55×H70mm 60ml★ちろり W175×D130×H150 360ml★食洗機・電子レンジ不可★冷酒可

おしゃれな酒器セットで特別な時間に

日本酒ってゴクゴクと飲むよりも、チビチビと飲むのが美味しいですよね。心を込めて選んだお気に入りの酒器で、特別な時間を過ごしてみませんか。

ガラスの酒器は普段の晩酌を少し格上げしてくれる雰囲気があります。置いてあるだけで上品な雰囲気になるものも多く、高級日本料理店でも使われています。

冷酒を楽しむときは涼しげな雰囲気にもしてくれますし、おしゃれなムードになるので女性にもぴったりです。家での女子会にもきっと一役買ってくれるでしょう。

お酒の色や量が一目でわかるところも良いですね。味だけでなく目で楽しめるところがガラス酒器セットの最大の利点とも言えるかもしれません。

素敵な日本酒ライフを🎵

プレゼントにおすすめな酒器セット総まとめ!ブランド・産地・素材の選び方!

おしゃれな酒器セット16選!陶磁器の酒器セット選び方!

[酒器セット]飲み比べができる12選!おしゃれな酒器セット!