おしゃれな酒器セット16選!陶磁器の酒器セット選び方!

プレゼントにもなるおしゃれな酒器セット

お酒好きな方に、酒器セットのプレゼントはいかがでしょうか。お酒を注ぐ入れ物と飲むコップがセットになっているので、一つで完成しプレゼントにはぴったりです。

日本酒は酒器によって味が変化すると言われています。酒注の種類や酒器の形などから日本酒がより美味しくなるポイントもまとめました。

陶磁器の酒器セットは、金属やガラスに比べ最も温度差に優れています。プレゼントとしてあげる場合、相手の好みがわからない方は陶磁器の中から選ぶのが無難です。

日本酒にぴったりの陶磁器の酒器セットをご紹介します。

温度で変わる日本酒の味

同じ日本酒でも冷酒と燗酒では味は大きく異なります。一般的に、純米酒は温めると香りが広がるものが多いですが、吟醸酵母は温めすぎると香りがキツくなってしまうこともあるんだとか。

美味しく飲めると言われている温度にも違いがあります。

例えば、吟醸香、果実の匂いがするお酒、活性にごり酒は冷たいものがオススメ。甘みが締まり酸味を感じる、喉越しが滑らかになります。

酸味のあるお酒は常温(20℃前後)で。冷やすべきか温めるべきかはこの段階で判断してみましょう。常温で飲んだ時にもう少し甘かったらと思うお酒は、少し温めてみる(30℃~40℃程度)と、甘みが最大限に引き出されます。

熱燗(45℃~55℃)やそれ以上に熱いものは穀物の香りが生きる為、穀物由来のお酒が合います。熟成酒なども複雑な味がまとまり、キレが増すと言われています。

とはいえ、お酒の好みには正解はありません。自分にとってどの飲み方が一番なのかを試行錯誤してみるのが楽しいですね。温めてみると思わぬ発見があるかもしれません。

酒器セット(酒注)の選び方:種類とポイント

徳利(とっくり)

写真の左側が徳利です。雪だるまのように口部分がキュっと細くなっているものですね。一合・二合とお酒の量がわかる利点があります。お酒を入れて入れ物ごと冷やしたり温めたり。燗酒にも冷酒にも使える便利さがあります。

片口(かたくち)

写真の右側が片口です。元々はお酒を複数人で分けるために使われていました。口部分に氷を入れて冷酒として飲むこともできます。片口タイプにお酒を注ぎ、電子レンジでチンしてお手軽燗酒でという方も増えているそうです。片口の中にお猪口を入れて収納しておけるものもあり、場所をとらないのも人気の秘訣です。

選ぶポイント

・酒注によって味が変化する
・電子レンジ使用可否に注意

酒器セット(酒器)の選び方:5つのポイント

1. 酒器の高さ

高さの高い酒器は味の広がりを抑え、低い酒器は旨み・苦味が広がります。

酒器参考例:【高】萩焼 萩むらさき【低】新弥左衛門 酒器揃(上)

2. 酒器の厚み

厚い酒器は甘みが引き立ち余韻が残り、薄い酒器はキレが出て軽くなります。磁器は厚みが薄く硬いものが多く、陶器は柔らかく厚いものが多いです。

酒器参考例:【厚】新楽焼 巻雲【薄】GEN 酒器

3. 酒器の大きさ

大きいと味が軽くなり、小さいと味が凝縮されます。今回ご紹介するのはほとんどが40ml~60ml程度のお猪口です。

酒器参考例:【大】ぐい呑【小】お猪口

4. 酒器の素材

磁器・陶器・金属・ガラス・木などがある。磁器は滑らかで洗練された味わい、陶器は鈍く温かみと野性味のある味わい、金属である錫はまろやかな味わい、ガラスは酸味や甘みの香りが香る、木は木自体の香りがお酒とともに楽しめると言われています。

この記事では陶磁器の酒器セットをまとめてご紹介します。

5. 酒器の口径

主に「ストレート」「つぼみ」「ボウル」「ラッパ」の4種があり、口が広いほど香りが鼻を抜けて酸味の輪郭がはっきりします。狭いと旨みを感じやすいなど。

酒器参考例:【広】新弥左衛門 酒器揃(上)【狭】新弥左衛門 酒器揃(下)

 

参考:株式会社技術評論社『うまい日本酒を知る、選ぶ、もっと楽しむ』
   株式会社枻出版『FOOD DICTIONARY 日本酒』

 

おしゃれな酒器セット16選!ブランド・焼き物産地で選ぶ

ブランド別!おしゃれな酒器セット

ブランド別にご紹介しますが、実はどのブランドも有名な焼き物の産地で造られているんです。しかし、ブランドごとにそれぞれ素材や形、デザインに個性を持っており、得意分野も違っています。

KIHARA

GEN 酒器

有田焼と波佐見焼の産地商社として非常に有名なKIHARA。薄く硬い磁器は上品ながらも手に馴染み、お酒を呑むひと時を特別なものにしてくれます。★盃Φ70×H50mm★片口Φ68×H120mm★食洗機・電子レンジ可★重ねて収納可★冷酒・燗酒可

晶金かすり

KIHARAの香酒盃シリーズともマッチする酒器セットです。実物は写真のイメージよりももう少し金が抑えられており、シックな印象を受けます。少しザラザラした手触りが高級感を演出します。 ★磁器★盃Φ48×H45mm★片口Φ105×H70mm 200ml★食洗機・電子レンジ不可

 

Ceramic Japan

酒器だるま

お猪口を重ねて徳利の上にのせると、雪だるまのように見える酒器セットです。外側は無釉薬でマットに、内側は釉薬でつるんと仕上げられています。★磁器★盃大Φ58×H27mm★盃小Φ50×H32mm★徳利Φ80×H105mm 270ml★食洗機・電子レンジ可★重ねて収納可★冷酒・燗酒可

 

 

ARITA PORCELAIN LAB

弥左衛門 酒器揃

だんだん華やかさが癖になるArita porcelain Labの酒器セット。結婚祝いにも使える縁起物です。華やかなセットですが、ここはあえて普段からカジュアルに使いたい。★磁器★盃Φ70×H33mm★徳利80×H140mm★電子レンジ不可

 

弥左衛門

上のセットよりも少し高級なシリーズ。真横から見ると模様の美しさがより一層引き立ちます。木箱に入れて収納も可能。★磁器★盃Φ47×H44mm★徳利80×H155mm 300ml★電子レンジ不可

 

Maturite

むすび酒

 赤と白のお猪口が可愛い酒器セットはMaturiteのもの。今までとは毛色が変わって少しポップなデザインが素敵。実は美濃焼というこっそり良いモノなんです。女性へのプレゼントにも最適です。★磁器★盃φ53×H40mm 60ml★徳利φ60×H125mm 200ml★食洗機・電子レンジ可★冷酒・燗酒可

 

リサラーソン

おさけとり

スエーデンの陶芸家、リサラーソンのデザインした鳥の酒器セットです。長崎県の波佐見焼で造られた酒器で、おとぼけな鳥の顔はなんとも言えない愛嬌があります。波佐見の鮮やかな青が目を惹きます。★磁器★盃H40mm ★徳利W110×H120×D80mm 180ml★食洗機・電子レンジ可★冷酒・燗酒可

 

 

有名な陶磁器産地別で酒器セットを選ぶ

有田焼

日本三大焼物と言われる佐賀県の有田焼。陶石が原料となっており、半透明できめ細やか、水を吸収しない硬さが特徴です。絵付けも重要な様式美で、鮮やかな藍色一色で描く「初期伊万里様式」や、白磁の余白を十分に生かした素朴な「柿右衛門様式」も一つの日本の美の基準を世界に示しています。

藤井錦彩

有田焼の最骨頂とも言えそうな美しい酒器は、藤井錦彩さんのモノ。絶妙な色合いは焼成中に発色する窯変による偶然の賜物なんだとか。意外にも手が届く価格なので、一つは持っておきたい酒器セットです。★磁器★盃Φ48×H46mm★徳利Φ72×H127mm★

 

萩焼

萩むらさき

山口県の萩焼の特徴とも言える「貫入」。陶器の表面に釉薬による細かいヒビが現れます。この貫入の中に飲み物の色味が染み込み、自分だけの特別な食器になるんだとか。育てる食器として、大切に扱っていきたいですね。★陶器★盃φ55×H50mm 70ml★徳利φ80×H120mm 300ml★食洗機・電子レンジ不可

 

備前焼

備州窯

岡山県の焼き物である備前焼は釉薬を使わない硬く締められた質感が特徴です。赤い模様は火襷と呼ばれ、素池に藁を巻いて緋色に発色させています。本来は器同士をくっつけないためでしたが、模様として使われるようになりました。 ★陶器★盃φ45×H35mm 60ml★徳利φ80×H115mm 230ml★食洗機・電子レンジ不可

 

信楽焼

巻雲

滋賀県を代表する信楽焼は土感を感じる素材感が味を出しています。大人の男性へのプレゼントにも使える渋い質感がカッコ良い。★陶器★盃φ60×H50mm 60ml★片口W105×H85×D95mm 330ml

 

京焼・清水焼

花結晶

キンと凍った氷のような涼やかさを持つのは、京焼の花結晶です。器を冷却する際に釉薬が華のような模様を作り出します。お花のようにも結晶のようにも見える上品な美しさが魅力です。★磁器★盃φ55×H50mm★徳利φ75×H125mm★食洗機・電子レンジ不可

 

美濃焼

岐阜県を代表する日本最大の陶磁器の産地です。歴史を遡ると1300年以上前、土器よりも硬質の須恵器が焼かれたことが発祥と言われています。その形や様式は時間と共に多様化し、現在では主にどんぶりや酒器、食器の生産が盛んに行われ、私たちの生活に非常に身近な焼き物になっています。

ゆらり

日本酒を薄めずにゆったりと楽しみたいという強い思いから開発されたのがゆらり。取り外しのできるカップに氷を入れて設置すると冷酒が楽しめます。★陶器★盃φ50×H40mm 60ml★氷入れφ75×H45mm★徳利φ90×H120mm 340ml★食洗機・電子レンジ可★冷酒・燗酒可

 

宗山窯 漆陶

岐阜県の宗山窯による漆陶は、陶器に漆を施し日本の伝統を一度に味わえる酒器セットです。お安くはありませんが、一度見ると忘れられない美しさを持つ唯一無二の食器ですね。★陶器★盃φ63×56cm 70ml★徳利φ78×120mm 250ml

しずる

コンパクトな冷酒器、毎日の晩酌用にいかがですか。美濃焼で造られており、茄子紺(写真)・銀黒・漆ブラウンなど色のレパートリーもあります。酒注に日本酒を入れるとそのまま盃にも注げるという面白さがある一品です。★陶器★盃φ56×H35mm 30ml★徳利φ80×H67mm 120ml★冷酒可

 

九谷焼

石川県で作られる江戸時代から伝わる磁器のこと。古九谷と九谷(再興九谷)に大きく分けられ、江戸時代初期の約50年間、前田利治が廃釜まで続けたのが古九谷、その1世紀後に開かれた窯が再興九谷と呼ばれる。窯によって作風が異なるが、多くが赤・青、黄、緑、紫などで色鮮やかに絵付けが行われている。

金箔彩

九谷焼の産地である石川県は金箔が有名な街でもあります。釉薬が使われていないのでさらりとした器の触感が楽しめます。上品さがある酒器は上司やお父さんへのプレゼントにもオススメです。★陶器★盃φ67×H50mm★徳利 280ml★冷酒可

 

おしゃれな酒器セットで特別な時間に

日本酒ってゴクゴクと飲むよりも、チビチビと飲むのが美味しいですよね。心を込めて選んだお気に入りの酒器で、特別な時間を過ごしてみませんか。

陶磁器の酒器セットは最も一般的で、贈る人を選びません。飲む人に合わせられるので相手の好みがわからない時も、きっと満足してもらえるはずです。

もちろん自分用に購入して毎日の晩酌を楽しむもよし!家飲みの場合は一本の日本酒にじっくりと向き合うことができます。冷やしてみたり、温めてみたり、お酒のつまみと合わせて食べ合わせを発見してみたり。

陶磁器はそんなあなたの”じっくり”に向き合ってくれる酒器セットが多くあります。

素敵な日本酒ライフを🎵

おしゃれな酒器セット18選!ガラスの酒器セット選び方!

[酒器セット]飲み比べができる12選!おしゃれな酒器セット!

プレゼントにおすすめな酒器セット総まとめ!ブランド・産地・素材の選び方!